ポインセチア (Poinsettia)

今日はクリスマス・イヴ。クリスマスカラーの花というとポインセチア(Poinsettia)。赤と緑のコントラストが鮮やかなクリスマスの風物詩だ。

聖夜に相応しいポインセチア(Poinsettia)は、飛びぬけて存在感があり、赤や緑色の華やかな絨緞、クリスマスを鮮やかに彩る。

ポインセチア(Poinsettia)の赤い色は、サンタクロースの衣装に通じるものがある。

画像ポインセチア(Poinsettia)の名前の由来は、アメリカの初代メキシコ公使であったJ・R・ポインセット氏がメキシコで発見し、アメリカに帰国後に紹介して、広まったことから「ポインセチア(Poinsettia)」になった。原産国とされるメキシコでは、「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれている。

とうだいぐさ科ユーフォルビア属の常緑性低木で、学名は「Euphorbia pulcherrima」である。属名の「Euphorbia(ユーフォルビア)」は、ローマ時代のアフリカのモーリタニア王の侍医「Euphorbus医師」の名にちなんだもの。「Euphorbus医師」が、これらの植物の乳液を初めて薬に使ったところからにちなみ、種名の「pulcherrima」は、「非常に美しい」を意味している。

画像原産地は中央アメリカで特にメキシコである。日本には明治時代に渡来した。和名はショウジョウボク(猩々木)。「猩猩」は、中国の想像上の怪獣で猿のような顔をもち、毛は紅色。 赤い花なのでこの「猩猩」に喩えた(猩猩はオランウータン、の説がある)。また、大酒飲みの赤い顔が似ていることから名付けられたという。

葉は薄く、楕円形。花はいわゆる杯状花序である。花びら等は存在しない。その下に着く葉の形の包葉が赤く染まるのが鑑賞の対象となる。その赤さはキリストの血の色に例えられる。

11月から12月頃よく見かける。まっ赤。(本当は真ん中の黄色い部分が花)。 なんとなく”クリスマス近し”という感じ。 赤と緑の組み合わせがいい。

画像観葉植物として、クリスマスの時期にあわせて短日処理をして、紅葉させて緑色の葉色とのコントラストを楽しむ。増やし方は、水を張った容器や、土に挿し木をすれば発根する(水に挿す場合は、水に挿す前に切り口から出る乳液状の樹液を拭き取っておく。時期により植物の活性が違うので活発な暖かい時期に行う)。園芸品種が近年多様化しており、従来の紅色に加えて、乳白色、淡い黄緑、ピンク、斑入りなどのバリエーションが楽しめる。強剪定にも耐える。

一般に鉢植えの植物というイメージが強いが、宮崎県宮崎市堀切峠の沿道には5万本以上植えられており、12月の開花時期には日南海岸の展望と合わせて名所となっている。小さな花が数個固まって咲いているため、1つの花のように見える。

よく似たものにショウジョウソウ(猩々草)がある。全体によく似ているが草であり、幹は木質化しない。また、包葉も全部は色づかないのが普通である。日本では時に帰化植物としても見られる。

画像「赤と緑の命の色、クリスマスカラー」。ポインセチア(Poinsettia)はブーゲンビリア(Bougainvillea)やハナミズキ(花水木)と同じ戦略、赤い花びらと見えても、実は葉っぱ、それだけでなく、黄色や赤い小さな花が開いたと見えたら、もっと小さな花の集合体、雄しべや雌しべの一本づつが、「花びらを持たない独立した花」。それがポインセチア(Poinsettia)の特殊な「植物の戦略」である。

ポインセチア(Poinsettia)を見ると、寒い朝でも燃えたつような力を感じ、何か心をうきうきして華やかにしてくれる。ハワイ産のポインセチア(Poinsettia)が、いつの間にかクリスマスの花に定着した気がする。豊かに広がる赤と緑の命の色、クリスマスカラーやムードを楽しめる。

花言葉は聖なる願いである。

ポストカード
画像



Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 レンズキット D700LK
ニコン
2008-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Nikon デジタル一眼レフカメラ D700 レンズキット D700LK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック